心臓病について

  • 虚血性心疾患とは

    心筋に酸素と栄養をおくる冠動脈が動脈硬化や血栓などで狭くなり、血液が行き渡らない状態です。それにより、胸の痛み等が起こります。大きく分けて狭心症と心筋梗塞があります。

    狭心症 冠動脈にプラークが出来、 心臓の筋肉に十分な血液 が送れなくなります。/心筋梗塞 プラークが破裂して血栓が 出来、冠動脈が詰まります。 心筋は壊死に陥ります。
    狭心症
    狭心症は、冠動脈が動脈硬化の為に狭くなり、その結果として十分な量の酸素と栄養が心臓に運ばれないために起こります。心臓の筋肉が壊死してはいませんが、発作が頻繁に起きるときは要注意です。症状は、突然運動時の胸の締め付けるような痛み、圧迫感等。
    心筋梗塞
    心筋梗塞は、冠動脈が詰まり、または詰まりかかって、心臓への酸素と栄養の供給ができなくなったために心臓の筋肉が壊死してしまう状態です。症状は、激しい胸の痛み、呼吸困難、冷汗、嘔気、嘔吐などがあります。
  • 弁膜症とは

    心臓には、血液を送り出す右心房、右心室、左心房、左心室の4つの部屋があります。各部屋には血液の逆流を防ぐために、弁があります。その動きが悪くなって血液が流れにくくなったり、弁が完全に閉鎖されず、逆流をおこしてしまうことがあります。これが弁膜症です。

    狭窄症
    弁が癒着して開きが悪くなり、血液が流れるとき抵抗がかかる状態。
    閉鎖不全症
    弁が完全に閉鎖されず、逆流を起こしている状態。症状は、運動時の息切れ、疲れ易いなどがあります。
  • 大動脈瘤・大動脈解離とは

    大動脈瘤または大動脈解離は動脈壁の弱くなっている部分に発生します。動脈壁の弱くなっている部分が血流によって圧力を加えられると外側に向けて膨らんだり、壁の一部が裂けたりします。大動脈瘤または大動脈解離を治療しないで放置すると、破裂して内出血を起こす危険性があります。
    大動脈瘤の主な原因は、動脈壁をもろくする動脈硬化と高血圧です。そのほか遺伝性疾患、感染症に伴うものなどがあります。

Page Top