患者さんの権利について

「医師及び医療従事者と患者さんは人格的に対等である」という考えのもとに、互いの信頼・協力関係を築き、信頼に応えることが最も重要と考えています。

  • 知る権利

    病気、検査、治療、見通しなどについて、説明と情報を受ける権利があります。 当院では、診療情報等を日本医師会制定の「診療情報の提供に関する指針」に基づき開示しています。また、ご家族控室では開院当初より手術症例のモニター中継を行っています。

  • 自己決定権(インフォームド・コンセント)

    必要な説明と情報提供を受けたうえで、最適な検査及び治療方法などを自らの意思と責任のもとに決定する権利があります。 当院では、病状説明室は現在2室、手術等に際しては最新の情報システムを使用し十分な病状説明に務めています。選択の際には、別の医師の意見(セカンドオピニオン)を求めるご希望も尊重し診療情報提供を行っています。

  • プライバシーに関する権利

    自己のプライバシーについてあらゆる配慮を求める権利があります。但し、治療上必要な情報は正確に伝えてくださるようお願いします。

  • 安全に医療を受ける権利

    安全かつ効果的な医療を受ける権利があります。但し、そのために患者さん方の全面的な協力をお願いします。 当院では、安心して医療を受けていただけるよう医療安全管理部を院長直轄に設置し、医療安全管理委員会、感染対策委員会、輸血対策委員会、手術室委員会、創管理委員会、医療ガス安全・管理委員会等の活動を通して安全対策に取り組んでいます。

Page Top