看護部

看護部長 網 信子

看護部は綾瀬循環器病院の理念に基づき、患者さんに信頼され、安心、満足いただける看護を提供する事をモットーに取り組んでいます。 急性期医療に質の良い看護を提供し、早期退院に向け、退院後の生活指導までを含めて安心していただけるように専門職として日々努力を重ねています.さらに自己研鑽を積み、各自のスキルアップにつなげています。またチーム医療を基本に各部署と連携して、良好な協力関係を築きながら、安全な業務を行っています。

  • 看護の基本理念

    • 理念
      • 1 人間の生命と人格の尊重を基盤に信頼関係を築き、患者中心の看護を実践する。
      • 2 急性期の高度医療にふさわしい質の良い看護を提供する。
      • 3 救急患者はいかなる場合も断ることなく受け入れ、チーム医療を連携して初期治療に、最善を尽くす。
    • 目的
      • 1 安全かつ患者中心の看護を実践する為迅速な対応をする。
      • 2 専門館越しとして、緊急を含め救急医療が適切に行えるために知識・技術を身に付ける。
      • 3 患者さんの悩み、苦しみを心から支え、応じられ、早期に社会復帰できるように、精神的、社会的すべての面で援助する。
  • 看護目標

    • 外来

      外来看護は限られた時間内に必要な情報を収集し、適切な接し方、援助、指導をしなければならない。地域とも連携をとり退院後の患者の継続看護や有効な社会資源の活用の提供をする。

    • 病棟

      心疾患で入院の患者さんが治療、看護を通じて早期に社会復帰出来るよう援助する。循環器の疾患を理解し、良質の看護を提供する。

    • ICU/CCU
      • 1 緊急時の対応や患者さんの病態を正しく理解し、知識を身に付ける。
      • 2 医療機械を正しく使いこなす知識、技術を持ち、緊急の状況で的確な判断がくだせるよう常に研鑚を積む。
      • 3 精神的、肉体的に厳しい状況にある患者さんを援助するため、心の余裕と忍耐力を養う。
  • 教育体制

    教育委員会を中心に教育年間スケジュールをたて、在職年数、役職、能力に応じた教育を体系的に行っています。医師をはじめ、各部主催の院内勉強会や外部から講師の派遣、また院外の研修会に出席等、積極的に実施しています。また、新人、循環器未経験者にも安心、安全な医療が実践できるよう、プリセプター制を導入しています。

    • 1 安全管理・教育研修会
    • 2 院内勉強会
    • 3 急性期の高度医療にふさわしい質の良い看護を提供する。
    • 院内勉強会風景
診療部門一覧に戻る
Page Top