医療安全管理部

「安全な医療」は患者さんの権利であり、病院の使命です。
当院では平成16年1月に医療安全管理委員会を改組し医療安全管理部を設置しました。全病院的に強力に安全管理推進を図れるよう院長直轄とし、副院長の統括指導の下医療安全管理室、医療相談室が中心となり安全・安心の医療に向け様々な取り組みを実施しています。狭い意味での事故防止対策だけではなく、「医療の質」自体の向上を目的とした幅広い活動を行っています。

  • 安全のための研修、連携

    • 安全な組織文化、安全情報の周知徹底

      (1)安全な医療行為を確実に実行する

      2015年標語
      • *Aプロジェクトは都民の要請です。
      • *患者確認!名前とID
      • *救急医療は私達の社会的使命です。
      朝礼での全体確認
      • 1.週2回、院長・医師回診時にスタッフ全員で
        朝礼を実施しています
      • 2.医師から事務職まで全職員が交代で安全について
        朝礼をしています
      • 3.標語を全員で唱和しています
      星マーク制度 安全医療(重大インシデントを起こさず常に自他共に安全行為を確実に実行している)の職員に半年毎に星マーク(金、銀)を授与し、全職員の目標としています。

      (2)安全情報の周知徹底

      • 1 医療安全管理室の専用掲示板に安全に係る全情報を掲示し、全スタッフが情報確認の署名後に署名記録を保存しています。
      • 2 ルール(決まり事)ブックを各部署に配置し、常に確認できるようにしています。新ルールは通知と同時にルールブックに追加しています。
    • リストバンドの着用

      患者さんの取り違えを防止するために、入院患者さん全員にリストバンドを着用して頂いています。
      手術時だけではなく、注射、検査など医療行為毎にカルテなどの記録・指示、口頭でのご本人確認、リストバンドと3重で確認を行っています

    • チェックの流れ図
      医薬品の安全使用

      副作用を防止するために医師、薬剤師をはじめ全メディカル部門がチームとして連携し、チェックを行っています。一例として、造影剤を使用する検査の場合は右記のような手順で進めております。

    • インシデント・アクシデント報告のIT化

      平成17年2月にインシデント報告分析システムCLIP(クリップ)を導入しました。
      医療現場で発生したインシデント・アクシデントレポート収集・分析・対策立案を迅速に効率的に実施できるようになりました。「人はエラーを誘発される」を前提にエラーを誘発しない、また起こったエラーが事故に発展しないシステム構築が基本です。

      東京都福祉保健局の医療監視(医療法に基づく立入検査 平成19年1月26日実施)の結果
      医療法第25条一項の規定に基づき貴病院に立入検査を実施した結果、良好に運営されていると認められましたので通知します。引き続き適正な運営をお願いいたします。
      1 医療安全管理体制の整備関係 指摘・指導事項無し
      2 院内感染予防対策関係          指摘・指導事項無し

      東京都福祉保健局医療政策部医療安全課指導係

  • 安全のための取り組み

    • 研修制度
      • 1 院内での事故対策、感染対策など外部講師・医師等による安全医療の教育研修、院外での学会・各種研修制度を積極的に実施しています。
      • 2 教育委員会を設置し、医長の統括指導の下に教育研修制度の充実を図っています。
    • (財)日本医療機能評価機構の認定病院患者安全推進協議会の会員として活動

      医療の質向上に取り組んでおられる認定病院の医療事故、警鐘的・教訓的事例に学び、協議会の提言、指針を参考に予防的にシステムを構築するなど体制整備に努めています。また各種検討部会、研修会へも参加し、規範となる手法を積極的に取り入れ安全な医療を推進しています。
      (財)日本医療機能評価機構の認定病院患者安全推進協議会の会員として活動

診療部門一覧に戻る
Page Top